So-net無料ブログ作成
検索選択

ねじまき少女/パオロ・バチガルピ著 [読んだ本]

書店の店頭に平置きされていて、帯書きに

「ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞など主要SF賞を
 総なめにした鮮烈作!」

と書いてあったので、思わず購入。

SFは苦手という方も、そこそこ楽しめる作品だと
思います。

---------------------------------------------------
物語の設定は油が枯渇し、エネルギー構造が激変した
近未来のバンコク

遺伝子組替動物を使役させて、エネルギーを取り出す
工場を経営するアンダースン・レイクは、ある日、
市場で奇妙な外見と芳醇な味を持つ果物ンガウを手にする。

ンガウの調査を始めたアンダースンは、ある夜、クラブで
踊る少女型アンドロイドのエミコに出会う。

彼とねじまき少女エミコとの出会いは、世界の運命を
大きく変えていった。
---------------------------------------------------

と、ここまで読むと、上記の二人が組んで活躍する
アクション系の物語かな、と思うのですが、それが
全然違うのです。

この二人以外の3人を加えた、合計5人の視点で、
かわるがわる物語が語られるので、特に上巻は
かったるい位、展開が遅いです。

上下巻の読破速度が、こんなに違った作品も珍しい
です。

蒸し暑い季節には、もっと蒸し暑い都市を舞台にした
物語を読む。

なんてのも良いですよ。


ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)

ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)




ねじまき少女 下 (ハヤカワ文庫SF)

ねじまき少女 下 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: パオロ・バチガルピ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/05/20
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。