So-net無料ブログ作成

7月に読んだ本 [読んだ本]

早いもので7月も終わりです。
今月は暑い日が多かったのですが、比較的、本を読む時間が
取れました。今月読んだ本の感想を簡単に書き留めておきます。


極北クレイマー(上)(下) 海堂 尊

財政破綻にあえぐ極北市。

赤字5つ星の極北市民病院に赴任した非常勤外科医・今中が見たのは、
対立する院長と事務長、意欲のない病院職員、不衛生な病床に
ずさんなカルテ管理…。

やがて病院閉鎖の危機を迎えた極北市民病院。今中は医療崩壊の現場を
再生できるのか? 

バチスタシリーズ以降、この著者の作品は結構お気に入りで、
マメに購入して読んでいます。

著者は、キャラの立ったユニークな人物を登場させながら
医師として、日本の医療現場の問題点・実像を描いています。

エンターテイメント作品でありながら、いつも作品には
その志や、著者なりの提案が盛り込まれているのですが、
この作品は「何が描きたかったのか?」がちょっと希薄
だったように思います。

おそらく、描きたいテーマである医療現場の実態が、
舞台となる地方都市に置いてあまりに多く、これらを何とかして
ストーリーに盛り込もうとし過ぎて、全体的にテーマが希薄に
なったのだと思います。

医師である著者が問題点を絞り込めないこと。

それが、本作品の舞台になっている地方都市での医療の現実なのかも
知れません。

著者への期待が大きいからこその辛口コメントになってしまいました。


極北クレイマー 上 (朝日文庫)

極北クレイマー 上 (朝日文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2011/03/04
  • メディア: 文庫



極北クレイマー 下 (朝日文庫)

極北クレイマー 下 (朝日文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2011/03/04
  • メディア: 文庫



戦略と実行―組織的コミュニケーションとは何か/清水勝彦・著

ビジネス書としては、昨年読んだ「ストーリとしての競争戦略」に
負けずとも劣らない良書です。

読んでいて、いろんなことが自分の中で明確になってきて、
頭の中が随分と整理された気がします。

ともすると、戦略はだれか頭のいい人が作るもの、実行するのは
別の人、という具合に、事業戦略や製品戦略がうまくいかないのは
その戦略自体のスジが悪いか、実行する組織形態がよくないのか、
という論を張る本は何冊読んだことがあります。

本書は戦略が機能しないのは「コミュニケーションの問題」であり、
コミュニケーションを活性化させることが戦略実行のポイントだ
ということを主張しています。

著者は、
・そもそもコミュニケーションとはなんなのか?
・コミュニケーションがいいというのはどのような状態なのか?
という本質を、分かりやすい言葉で切ってくれています。

「コミュニケーションをよくしよう」という掛け声だけで
終わらせないために、何を考えなくてはいけないか?
ということを考えさせられます。

まさに副題にあるように、
「組織的コミュニケーションとはなにか?」
が腹に落ちる一冊です。
------------------------------------------------------------------------------------
・価値観の違いを、本当に意識しなければならないのは、
 実は同じ組織の社員や上司
・仲が悪いからコミュニケーションがない、のではなく
 コミュニケーションがないから仲が悪くなる、のです。
・コミュニケーションは、相手のことが分からないからするもの
・戦略と制度の整合性は重要だが、整合性を持たせるための
 コミュニケーションが重要
<組織におけるコミュニケーションの基本>
・部下の小さな気づきを大切にする
・意味を共有する
・本質的には効率が悪いことである
・情報/ロジックと、前提となる価値観や気持ちを伝える
------------------------------------------------------------------------------------



戦略と実行―組織的コミュニケーションとは何か

戦略と実行―組織的コミュニケーションとは何か

  • 作者: 清水 勝彦
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/03/24
  • メディア: 単行本



ウォールストリート・ジャーナル式図解表現のルール/ドナ・ウォン・著、 村井瑞枝・訳

この一冊も良書です。
目から鱗の落ちるような図表作成テクニックと、その背景にある考え方が、
余すこと無く紹介されていて、これはお買い得です。

著者はウォールストリート・ジャーナル紙のグラフィックの責任者を
9年以上務めるグラフィック・エディター。

本書のグラフ作成テクニックを学べば、「違いがわかる」ビジネスマンに
評価されること、間違いなしです。

パワポでの資料作成が多い方に限らず、仕事で図を扱うことがある
ビジネスマンにはイチオシの一冊です。

-----------------------------------------------------------------------------
・図表をうまくつくるためには、
 「調査」「編集」「作図」「見直し」の4つの
 ステップをきちんと踏むことが大切

◆編集段階での注意点
・カギとなるメッセージを決める
・ポイントを一番うまく伝えられるデータを選ぶ
・要点を絞って、データを抽出する
・ポイントを強化するための表現方法を選ぶ

・私たちは直感的に、上から下、また時計回りにものを
 読み進めます。そのため、円グラフを作成するときは、
 並べ方に注意が必要です
-----------------------------------------------------------------------------


ウォールストリート・ジャーナル式図解表現のルール

ウォールストリート・ジャーナル式図解表現のルール

  • 作者: ドナ・ウォン
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2011/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



命の遺伝子/高嶋哲夫・著

先日読んだ首都圏直下型地震をテーマにした小説「M8」が
面白かったので、手に取ってみました。

著者の作品は、科学技術系冒険小説、と言うようなジャンルのものが
多く、相変わらずの一気読み本でした。

確か、著者の作品では、「ミッドナイト・イーグル」が映画化されて
ましたが、この作品もぜひ映画化して欲しい、と思います。


命の遺伝子 (講談社文庫)

命の遺伝子 (講談社文庫)

  • 作者: 高嶋 哲夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/05/13
  • メディア: 文庫



『生き残る会社の先読み戦略』/長谷部光重・著

こうして振り返ると、今月はビジネス本の当たり月でした。

本書は、年商70億円の激安スーパーオセン(岩手県)や、年商130億円の
スーパーセンターアマノ(秋田県)など、東北地区の名立たる企業を
クライアントに持つカリスマ税理士、長谷部光重さんによる一冊。

首都圏に拠点を構える、大手コンサルティング会社のコンサルタントによる
著書は多く出ていますが、本書は、地方在住ならではの事例とビジネスチャンスに
対する示唆が沢山盛り込まれていて、刺激の多い一冊です。

いわゆる霞ヶ関の皆さんが成長戦略と称して提唱する医療観光については
「産業としての成立はあり得ない」、農業問題については「米余りどころか
米不足時代がやってくる」、少子高齢化については「多死化時代だからといって
葬儀ビジネスの成長はない」などの仮説が提示されます。

その他にも、
・日本は、「人口減」の「世帯増」に進む
・軽四輪車を含む乗用車の保有台数は
 減少どころか、増えている

・スーパー、コンビニ、それに宅配機能を備えた「スーパーコンビニ」といった
 業態が出現する

など、これからのビジネスを自分で考えるためのヒントになる話がいくつも
紹介されています。

さらっと読める本ですので、ぜひ読んでみてください。
-----------------------------------------------------------------------------
◆高齢シングル化による未来像

1.郊外のショッピングセンターまで買い物に行けない→買い物難民

2.住宅のメンテナンスができない、または、賃貸住宅のリスク回避に
 よる契約の更新ができない→住宅難民

3.福祉介護施設の空きが無く入居できない→福祉介護難民・老老介護

4.医療制度改革の入院診療報酬引き下げおよび病床削減で入院できない→医療難民

全国展開、全国制覇はもはや目指すべきではない

注目したいのは世帯数です。15年には現在の世帯数からおよそ100万増え、
5060万世帯になると推計されています。つまり、これからの日本は、
「人口減」の「世帯増」に進むということです

食のスタイルは、小食と倹約。外食から中食、そして内食に移行します。
「少量」「レトルト」「宅配」「近場での買い物」になるでしょう
-----------------------------------------------------------------------------




生き残る会社の先読み戦略

生き残る会社の先読み戦略

  • 作者: 長谷部 光重
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2011/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。