So-net無料ブログ作成
検索選択

謎解きはディナーのあとで・東川 篤哉 著 [読んだ本]

ドラマ化され、続編も出版されるなど、いま話題の本です。

どうやら僕は「本屋大賞」の審査員のセンスと全く好みが合わないようで、
読み終えて思わず、自分に対して

「この本に1,500円も支払うなんて、あなたの目は節穴ですか?」

と言いたくなりました。

正直言って、多くのファンの方には申し訳ないのですが、僕は駄作だと思います。

全く面白くない!

確かに毒舌の「執事」と大富豪のお嬢様、加えて寒い会話。

特に酷いのが、ミステリーとして最も大事な謎が薄っぺらなこと。
「抱腹絶倒の本格ミステリ」と言われても...。

ということで、もし購入をお考えの方がいらっしゃれば、まずブックオフで
中古をお探しになった方がよろしいかと。

小一時間の時間つぶしにはなります。

しかし、本屋さん大賞って、本当に本屋の方が選考してるのかな・・・。
本当に「この本を読んで欲しい!」、という思いで選んでいるのか理解できません。


謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。