So-net無料ブログ作成
検索選択

LikeとLove

昨日はバレンタインデーでした。

最近は、職場などでの義理チョコのやり取りは本当に
下火で、僕が社会人になりたての頃(いわゆるバブル期)
の華やかなムードはなく、通常と変わらない一日でした。

職場の仲間からいただいたチョコを持って自宅に帰ると、
食卓の上に手作りと思われるチョコが置いてあります。

どうやら息子がもらったようで・・・

なんだかんだ言っても、息子は、毎年本命チョコを
もらってきています。

家内はいつも複雑な顔をしてますが・・

407536_3350395723948_1390520846_3509402_962148124_n.jpg


そんないわゆる「LOVE」が主役の昨日、通勤電車の朝日新聞の
車内広告で「天声人語の一行目」というタイトルの広告を
目にしました。

テーマは「LikeLoveの違い」。

いわく、

Like = 同質性を求める心理
Love = 異質性を求める心理

を表現しているのだそうです。

こうして考えてみると、日本ってきっとLike文化の国なんだろうな
と思います。

「阿吽の呼吸」に象徴されるように、コミュニケーションも
かなり「同質性」が前提になって組み立てられている気が
します。

Like文化は、先日の震災の際に見せた共感や連帯感につながる
良い点もありますが、ゆえに閉じたコミュニティ(たとえば学校)
でのイジメにもつながる気質になる。

Love文化とLike文化が、どんな比率でブレンドされている
社会が心地よいのかなぁ。

ギュウギュウで、身動きが全然取れない通勤電車の中で
こんなことを考えてました。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。